本荘ケミカル
JAPANESE english
ホーム 会社案内・沿革 会社概要 関連会社 パートナーシップ  
contents
製品概要
亜鉛
リチウム
ストロンチウム
電池材料
有機錫化合物
医薬品・医薬等中間体
臭素化合物
ガス
ナノテクノロジー
製品リスト
企画開発
リクルート
電子公告
お問い合わせ
ナノテクノロジー
 

当社ではフラーレン及びカーボンナノチューブのアーク放電法による大量かつ安価な製造を実現し、その実用・製品化に寄与すべく更に研究開発を進めています。又、ナノサイズの超微粒子酸化亜鉛を開発しました。

フラーレン・カーボンナノチューブ

フラーレン含有煤 単層ナノチューブ 二層ナノチューブ 多層ナノチューブ
反応条件を変えることによりこれらを作り分けることができます。
フラーレンC60 フラーレンC70 高次フラーレン

品 名 仕 様
 フラーレン煤  黒色粉末。フラーレン類(7%以上)を含む煤。
 混合フラーレン  黒色粉末。C60、C70及び少量の高次フラーレン類を含む。
 ( C60 = 70 〜 80 % , C70 = 20 〜 30 % )
 C60フラーレン  黒色粉末。純度99%以上。
 C70フラーレン  黒色粉末。純度95%以上。
 水溶性化フラーレン  水溶液。PEG、PVP等の修飾により水溶化したフラーレン。
 フラレノール  褐色粉末。OH基を10〜12含む。
 硫酸水素化フラレノール  黒褐色粉末。OSO3基を10〜12含む。
 単層ナノチューブ  黒色粉末。as produced品。
 二層ナノチューブ  黒色粉末。as produced品。
 多層ナノチューブ  黒色粉末。粉砕品(フルイ75μm以下)。
   
   透明電極用単層カーボンナノチューブ
    ITO(Indium Tin Oxide)代替となる単層カーボンナノチューブ(SWNT)の開発に成功
         

ITOは現在、液晶テレビやプラズマテレビなどのフラットパネルディスプレイ用の透明電極として重用されているが、将来の発展が見込めるタッチパネル、電子ペーパーや有機EL照明などのフレキシブル透明電極にまで用途が広がると資源の枯渇が懸念されている。

 当社では透明電極用のSWNTの開発に取り組み、シート抵抗で300Ω/□、550nm透過率で80%T以上の透明電極を作ることに成功した。    この透明電極向けSWNTの量産化に取り組んで、将来の安定供給に備え体制を整えつつある。

詳細に付きましては、ご相談に応じますので、お問い合わせ下さい。

ナノジンク

ナノジンク

ナノサイズの超微粒子酸化亜鉛で、分散時可視光に対して透明で紫外線に対する優れた吸収効果を有しています。
特に化粧品、フィルム、繊維等の分野で紫外線遮蔽効果が期待できます。
比表面積が60u/gと100u/gの2品種を取り揃えています。

ナノジンク

化学品位

純分 残部  
Pb 0.001% 原子吸光光度法
Cd 0.0001% 原子吸光光度法
Fe 0.0001% 原子吸光光度法

物位

比表面積 60u/g・100u/g 比表面積測定装置
真比重 5.6g/cm3  
nano ZINC 光透過率

可視光に対しては、ほぼ透過します。一方紫外線に対しては酸化亜鉛の吸収端に対応する380nm付近で顕著な吸収が生じます。(下のグラフを参照してください。)

nano ZINC 光透過率
Binder    Acryl resin
Base film  Polyethylene Telephthalate
PWC     23%
Thickness 5μm
>>TOPへ戻る
Copyrightc2005 Honjo Chemical All Rights Reserved. プライバシー・ポリシー